相続税に精通した税理士がいる

相続税専門税理士事務所当事務所は北海道では数少ない、相続税に精通した税理士がいる税理士事務所です。

所得税、法人税、消費税は知っているが、相続税ってさっぱりわからないという方も多いと思います。
相続税は、税金(国税)の中でも特に難解で、恐い税金と言われております。

それは、①毎年頻繁に発生しない臨時・偶発的な税金であり、馴染みが薄いこと、②社会情勢の変化により、常に税制の改変があり、複雑になっていること、③複雑であるがゆえに、税法や評価通達などの適用を誤ると、税務署の調査などにより、非常に多額な税金が追徴されること、などが挙げられます。

専門性が高い相続税業務については、間違うと税額が大きく変動することから、税務署の資産課税担当職員でなければ、できれば関わりたくないと思っている現職の税務職員も多いのが実情です。
これは、税務の専門家である税理士や公認会計士の先生方にも言えることではないかと思います。

相続税で見た場合、これはあくまで参考データですが、北海道の税理士登録者数は1,857人(平成29年10月末現在)であり、平成29年分札幌国税局管内の相続の申告件数(被相続人数)は1,207人(札幌国税局報道発表より)です。この申告件数÷税理士登録者数≒0.6件となるように、1年間で相続税の申告を経験しない先生方が多数いるのが分かります。

当事務所の代表・蛸島は、国税局及び税務署の第一線において、20年余り相続税関係の申告の審査や調査業務などに従事してまいりました。
その税務の第一線において培ったノウハウを基に、役所目線ではなく、お客様(納税者)目線で、相続税の納税義務の適正な実現を図り、お客様(納税者)の信頼に応えていきたいと考えております。

お医者さんが内科・整形外科・眼科・産婦人科などの専門分野で業務を行っているように、税理士も、得意分野に特化して業務を行った方が、お客様にとって最善となる法令をを適用することができるなど、細かい部分まで目が行き届き、お客様の信頼に、より応えられるのではないかと考えております。

当事務所の代表・蛸島は、国税局や税務署で20年以上に渡り相続税を担当し、相続法や複雑な土地の評価などにも精通しており、自ら調査も手がけていましたので、相続税の節税対策はもちろん、税務署の調査の対応にも精通しておりますので、安心してお任せください。

※当事務所は法令を順守し、脱税相談には一切対応いたしません。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム