相続って何?

相続って何?相続とは、死亡した人(被相続人)の財産が、その死亡した人と一定の身分関係にある人(相続人)に移転することです。財産というのは、不動産や現金預金、株券といった「プラスの財産」ばかりではなく、借金やローン、未払金など、欲しくない「マイナスの財産」も財産です。

民法で定められた相続人になれる人は、被相続人と一定の身分関係にある人とは、配偶者(妻・夫)、子供(孫・曾孫・・・)、父母(祖父母・・・)、兄弟姉妹(甥姪)に限られ、その相続人になれる人を法定相続人といい、法定相続人なれる順番も決められています。そして、法定相続人がもらえる財産の取り分も決められており、その取り分のことを法定相続分といいます。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム